王寺ミラクル100

作家
一覧
作品
紹介
イベ
ント
ワーク
ショップ
作家
一覧
作品
紹介
イベ
ント
ワーク
ショップ

公設民営 (旅行で思ったこと)


スタッフブログ図書館

先の連休に、一度は行ってみたいな~と思っていた、県外の図書館に行ってみました。
民間が運営している公共図書館です。
 
本館の図書館とは別に、こども図書館が新設。
館内にパンケーキのお店も入っています。
図書館では、わが子の声が気になりますよね。
でもこども図書館では、子どもが泣いても気になりません。
おもちゃもあって、子どもが楽しめる工夫がいっぱい!
 
本館にはスタバがあり、コーヒー片手に、本を読む人、勉強する人など、おもいおもいの方法で自分の時間を過ごしていました。
専用自習室や、PCが使えるエリアもあります。
 
HPをみて驚いたのが、図書の貸出カードを作れる人が「日本国内に居住されている方」ということ。
私でも作れるやん!(作りませんでしたけど)
図書館は地方自治体の税金で運営されているから、対象地域の方以外はお断りというところが多いですよね。
公共財だからこそ、誰にでもWelcomeな施設はありがたいと思いました。
 
図書館のあり方としての賛否は分かれるようです。
官が得意とすることと、民にしかできないことがありますよね。
お互いが歩み寄ることで、地域がより暮らしやすくなるなら、素晴らしいなと思った一日でした。